【東京医大不正入学】「本来の合格者の救済検討」常務理事が会見


newspaper1.gif
文部科学省の私立大学支援事業を巡り、同省前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)=4日付で大臣官房付=らが受託収賄容疑などで逮捕された事件で、贈賄側とされる東京医科大の臼井正彦理事長(77)と鈴木衛学長(69)が6日、大学に辞表を提出して受理された。同大の行岡哲男常務理事が同日夜、記者会見を開き明らかにした。


ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000134-mai-soci

Source: 政経ch
【東京医大不正入学】「本来の合格者の救済検討」常務理事が会見