旧ソ連圏で相次ぐ“ロシア語離れ” 反露感情、ロシアの地位低下を反映か


wor1809290021-p1.jpg
旧ソ連圏の国々で、ロシア語を社会から排除しようとする動きが出ている。反露感情が強いウクライナでは、西部リボフの州議会が9月、芸術や出版分野でロシア語の使用を禁じる条例を可決。バルト三国のラトビアや東欧のモルドバ、中央アジアのカザフスタンでも最近、ロシア語との関係を見直す政策が導入された。


ソース:https://www.sankei.com/world/news/180929/wor1809290021-n1.html

Source: 政経ch
旧ソ連圏で相次ぐ“ロシア語離れ” 反露感情、ロシアの地位低下を反映か