【大相撲】 稀勢の里4連敗。 芝田山親方「8勝でいい」と擁護するも、他の親方衆からは厳しい声


a30b4392稀勢の里 ◇紙一重の勝負にも敗因

軍配は稀勢の里に上がったが、物言い。横綱の肩が落ちるのが、栃煌山の左足が徳俵の角から浮いて体が飛ぶのよりもほんのわずかに早く、行司差し違えの判定が下った。


ソース:https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111401291&g=spo

Source: 政経ch
【大相撲】 稀勢の里4連敗。 芝田山親方「8勝でいい」と擁護するも、他の親方衆からは厳しい声