マツダ、1310MPa級高張力鋼板を世界初開発。新型「Mazda3」から順次採用


mazda マツダ マツダは1月10日、新日鐵住金、JFEスチールと共同で1310MPa級高張力鋼板を用いた車体構造用冷間プレス部品の開発に世界で初めて成功したと発表した。この1310MPa級高張力鋼板を取り入れた新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」を、新型「MAZDA3」から順次採用していくとのこと。


ソース:https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1163959.html

Source: 政経ch
マツダ、1310MPa級高張力鋼板を世界初開発。新型「Mazda3」から順次採用