【食品】東大と日清 培養肉作製に成功 本物に近い食感【SFで見た】


fc2blog_2019032304264630d.jpg 東京大学の竹内昌治教授らは日清食品ホールディングスなどと共同で、本物の肉に近い食感を持つ人工肉を作ることに成功した。筋肉の細胞同士をつなげ層状にして培養することで、本物の肉に近い構造になった。人工肉は畜産よりも環境負荷が小さく、肉の代用品として研究が進んでいる。


ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4281358022032019X90000/

Source: 政経ch
【食品】東大と日清 培養肉作製に成功 本物に近い食感【SFで見た】