日本政府、アフリカで米作りを普及させて食糧問題解決へ


kome.jpg 政府は8月に横浜で開くアフリカ開発会議(TICAD)で、2030年にアフリカ地域のコメ生産量を倍増する計画を表明する。現状の2倍の年5600万トンに増やすため、気候に適した稲の普及や農作業の機械化を支援する。将来、世界の人口が増え食糧が不足すれば影響は日本にも及ぶ。アフリカの自給率を引き上げ、世界的な食糧の需給逼迫を食い止める。


ソース:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44441680V00C19A5MM8000/

Source: 政経ch
日本政府、アフリカで米作りを普及させて食糧問題解決へ