【内閣府消費動向調査】消費者心理が7カ月連続悪化 増税控え節約意識強まる


経済ニュースロゴ
内閣府が9日発表した4月の消費動向調査によると、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整済み)は前月比0.1ポイント低下の40.4となり、7カ月連続で悪化した。10月の消費税増税を間近に控え、節約意識が強まっているとみられる。指数の水準は2016年2月以来、3年2カ月ぶりの低さ。基調判断は「弱まっている」で据え置いた。


ソース:https://this.kiji.is/499136319220352097

Source: 政経ch
【内閣府消費動向調査】消費者心理が7カ月連続悪化 増税控え節約意識強まる