【開放】外国人就労、拡大に方針転換 新資格の創設着手 政府、骨太に明記へ


201805200001_000.jpg
政府は、人手不足が深刻な分野の労働力を補うため、外国人の受け入れ拡大へ大きくかじを切る。最長5年間の技能実習を終えた外国人が、さらに5年間働ける新たな在留資格「特定技能(仮称)」の創設に着手。高い専門性があると認められれば、その後の長期雇用を可能とすることも検討している。


ソース:http://www.nishinippon.co.jp/feature/new_immigration_age/article/417749

Source: 政経ch
【開放】外国人就労、拡大に方針転換 新資格の創設着手 政府、骨太に明記へ