【医療】生活保護受給者に後発薬(ジェネリック医薬品)社会の公平性どう考える


newspaper1.gif
生活保護法改正案が今国会で成立する見通しとなっている。4兆円近くに上る生活保護費の約半分を占める医療費を抑えるため、受給者には原則として低価格の後発薬(ジェネリック医薬品)を処方することが盛り込まれている。生活保護費の膨張は抑えなければならないが、受給者だけ後発薬を義務づけることには異論も根強い。


ソース:https://mainichi.jp/articles/20180529/ddm/005/070/099000c

Source: 政経ch
【医療】生活保護受給者に後発薬(ジェネリック医薬品)社会の公平性どう考える